【リミテッド】カルドハイム ドラフト攻略

概要

カルドハイムは『氷雪』メカニズムの存在によって、ドラフトピックの時点で難しくなっており、昨今でも屈指の手ごわいリミテッド環境といえる。
いつ氷雪土地を取ればいいのか、何枚まで取ればいいのか、そもそも取るべきなのか……など、考えるべきことが普段より多いが、その分面白さもひとしおだ。

メカニズムも多く『予顕』されたカードの推測や、墓地のリソースの活用など視野の広いプレイが求められる。
ドラフトにおいては、環境を考慮して「1/2飛行を初手で取る」こともありえるため非常に奥が深い。

環境の変遷

氷雪の時代からアグロ系へ

最初期は物珍しさから氷雪に人気が集中し、初手から氷雪土地をピックするプレイヤーも居たぐらいだった。
氷雪デッキはその性質上、中盤から終盤にかけて強いデッキであり、序盤は予顕などでターンを過ごす事が多い。
故にアグロ系デッキに序盤から攻め立てられると弱く、次第にアグロ系が勝ち始めていった。

大アグロ時代の到来

世がまさに大アグロ時代になると、アグロデッキの中でも勝率に差が生じてきた。
アグロデッキの勝ち組は白赤で、1番の負け組は黒赤だった。
白赤は、低マナ域の充実ぶりと飛行によって継続的な攻めが望める。
それに比べて今回の黒は、除去が豊富なものの攻めに向かなかったのが大きく影響していた。
血空の狂戦士血空の狂戦士 などのアンコモンがあれば別だが、コモンだけでは中々に勝ちにくいのが黒赤の立ち位置となっている。

そのため、ランク戦上位を目指してラダーを駆け上がる多くのプレイヤーが白赤に身を投じ、物語の探究者物語の探究者 戦場の猛禽戦場の猛禽 を初手で取るプレイヤーも出てきた。

アグロ時代の氷雪と現在

大アグロ時代になると氷雪の過剰人気が抑えられ、ある程度狙った氷雪デッキを構築できるようになった。
依然としてサルーフの群友サルーフの群友 などは人気だが、氷雪土地や氷雪クリーチャーが流れてくる機会は明確に増えた。

今の環境を整理すると、ある程度意識してアグロに寄せた構築を目指すべきだが氷雪系のデッキも含めて色々と可能性のある状況と言える。

カルドハイムのメカニズム

氷雪

不詳の安息地
雪上の血痕

カルドハイムで久しぶりに登場の氷雪メカニズム。
今回も氷雪土地などから出る氷雪マナを使う能力や、支払われた氷雪マナの点数によって効果が強力になる呪文など、様々な氷雪関連カードが存在する。

氷雪マナは、氷雪土地及び氷雪アーティファクト(複製する指輪複製する指輪 )から出すことができる。

予顕

ドゥームスカール
シュタルンハイムの解放

カルドハイムで初登場のキーワード能力である予顕
あらかじめ手札から追放しておくことで、後から安いコストで唱えたり、重くなる代わりに更に強力な呪文として唱えたりできる。

予顕を持ったカードは、自分のターンならいつでも2マナ払うことで追放できる。
予顕したカードは、次のターンから予顕コストで唱えることが可能。
マナレシオが良く、使いやすいカードが多い。
後述する『2つ目の呪文』を唱えたときに誘発するカードとも好相性。

『2つ目の呪文』

クラリオンのスピリット
血空の狂戦士

1ターンの中で、2つ目の呪文を唱えた時に誘発するカード。
予顕と組み合わせたり、軽めのカードを多くデッキに採用することで誘発を狙いたい。

誇示

撲滅する戦乙女
龍族の狂戦士

誇示を持つクリーチャーがそのターンに攻撃していた場合、コストを払うことで1度だけ起動できる能力。
強力な効果のものが多い反面、継続して攻撃し続ける工夫が必要。

多相

全てのクリーチャータイプを持つ』というキーワード能力で、青と緑に存在する。
そのため巨人やエルフなど、各種種族シナジーとの相性が良い。
一部デメリットとしては、プロテクション(神)を持つ神に愛された者、シグリッド神に愛された者、シグリッド をブロックできない等あるが、基本的にはあまり気にしなくてよい。

種族シナジー

巨人(青赤)・天使(白黒)・エルフ(黒緑)・狂戦士(黒赤)など、クリーチャータイプによってシナジーを持つカードが存在する。
中でも巨人は圧死圧死 をはじめ強力なシナジーが多い。

氷雪デッキFAQ

カルドハイムにおいても切っても切れない氷雪関連カード氷雪土地の関係。
氷雪マナが潤沢に使える氷雪デッキならば、

  • 氷雪マナを使った能力が使える
  • 2色氷雪土地を使うことで多色化が容易
  • 氷雪マナで払うことでボーナスが付くクリーチャーを生かすことができる

など、様々な恩恵を受けることができる。
氷雪関連カードを十分に機能させるためのポイントをFAQ方式で解説してみた。

Q:氷雪土地は何枚ぐらい必要?

あればあるに越したことはないが、目安を記載した。

氷雪マナが出ないと意味をなさないカードがある場合

氷縛りの柱
霜の占い師

氷縛りの柱氷縛りの柱 は非常に強力なカードだが、氷雪マナが出ないとただの置物になってしまう。

氷雪マナが出ないと意味のないカードがある場合は極力5枚以上、できれば7枚以上の氷雪土地が欲しい。
ドラフトで7枚の氷雪土地を使いたい場合、平均すると1パックにつき2.5枚ぐらい取る必要がある。
ある程度積極的にピックしていきたい。

輝く霜輝く霜 は複数の氷雪マナとして数えられるので、隆盛するスピリット隆盛するスピリット など氷雪マナが大量に必要な場合は意識してピックしたい。

冬を彫る者冬を彫る者 でマナ加速したい場合

冬を彫る者
冬を彫る者冬を彫る者 は氷雪土地がなくても最低限2/2としては役に立つ。
しかしデッキの土地17枚中に氷雪土地が7枚入っていれば、2ターン目に氷雪土地を置ける確率が75%ぐらい(アリーナ・BO1)になるので、そのぐらいあればマナ加速として信用できる。

氷山の徘徊者氷山の徘徊者 を使う場合

氷山の徘徊者

土地17枚のうち氷雪土地が3枚で、土地が5枚並ぶまでに氷雪土地が1枚以上ある確率は68%氷山の徘徊者氷山の徘徊者 に至っては、氷雪土地がなくても十分戦力になるので目安として3枚、最悪それ以下でもプレイアブルと考えて問題ない。

多色デッキの場合

2色氷雪土地の数によりマナベースの安定感が増すため、色の合う2色土地は全部入れたい。取れている氷雪土地の数によっては死霊堤の司祭死霊堤の司祭 も除去としてカウントできる

Q:ドラフト時、いつ氷雪土地を取ればよい?

冠雪の森
氷河の氾濫原

氷雪土地には基本氷雪土地とタップインする氷雪2色土地があって、基本的には1パックにつき1枚(レアの不詳の安息地不詳の安息地 が出た場合は増える)含まれている。

氷雪マナを使うカードを初手~3手目ぐらいに取っているなど、デッキの方向性として氷雪デッキに行きそうな時は極力早めに最初の1枚は確保したい。
最初の1枚を早めにピックすることには、『上家(上流)に氷雪をやっているやつがいる』と知らせる狙いがあり、結果として氷雪被りを避けやすくなる

逆に早い段階(3-4手目)で消えている場合は、すぐ上にいるプレイヤーが氷雪志向の可能性があるので方向転換を考えることも必要となる。

環境理解

3/3というサイズ

サルーフの群友
占い鴉

この環境において大事になってくるのは3/3というサイズだ。
環境で強いとされている予顕クリーチャーのサルーフの群友サルーフの群友 占い鴉占い鴉
2ターン目予顕→3ターン目キャストと早いターンに出てくるため、パワー2のクリーチャーが殴りに行けなくなりがち。
そのため、3/3を乗り越えるための工夫が必要となる。

装備品で乗り越える

鴉の翼鴉の翼 金脈のつるはし金脈のつるはし 拷問者の兜拷問者の兜 などの装備品は、パワー2のクリーチャーをパワー3にすることが可能。
装備品は使いまわせるため、アグロ戦略と相性が良い。

+1+1カウンターで乗り越える

掟綴りの僧侶掟綴りの僧侶 護衛の林歩き護衛の林歩き などの、+1+1カウンターを乗せるクリーチャーで強化する方法。
役目を終えた掟綴りの僧侶掟綴りの僧侶 を、村の儀式村の儀式 で生贄に捧げて次につなげる白黒などのデッキで使いたい。

コンバットトリックで乗り越える

猛り狂い猛り狂い 星界の翼星界の翼 など、優秀なコンバットトリックが環境に多いため、それらをうまく使うことで戦闘を有利に進めることが可能。

2/3より3/2を選ぶ

攻めるにせよ守るにせよ、パワー3があることが重要となる局面が多い。
デッキに入れるクリーチャーは、2/3より3/2を優先的に採用したい。

飛行への対処

壊れた翼
ノットヴォルドのイトグモ

貪欲なリンドワーム貪欲なリンドワーム などの大型・高タフネスクリーチャーがいるおかげで、比較的に地上は膠着しやすい
そのため鍵を握るのは飛行となるわけだが、コモンの飛行クリーチャーを有しているのは白と青だけ。
その他の色ではアンコモン以上の飛行クリーチャーもしくは到達除去鴉の翼鴉の翼 で対応することになる。
アグロ系だと相手の飛行クリーチャーはそこまで問題にならないが、氷雪などミッドレンジ系のデッキは対処法を考えておかないと致命傷になりうる。
幸いにも壊れた翼壊れた翼 鴉の翼鴉の翼 など、対応可能なコモンは何種類かあるため
飛行対策の意識をもってピックをすればそこまで困らないだろう。

反対に、飛行への対処が薄いことを逆手に取った白青の飛行戦略(戦場の猛禽戦場の猛禽くすねる鷹くすねる鷹 などの軽量飛行クリーチャーを戦角笛の一吹き戦角笛の一吹き で強化する戦略)も時としては有効となる。

各色の優秀コモン

カード名コメント
金への捕縛
金への捕縛金への捕縛
いつものエンチャント除去枠。
能力起動や搭乗も止められるので優秀。
戦場の猛禽
戦場の猛禽戦場の猛禽
あまり強くは見えない1マナの飛行クリーチャー。
だが飛行は強く、装備品や+1/+1カウンターで優秀な航空戦力となる。
確固たる戦乙女
確固たる戦乙女確固たる戦乙女
4マナ3/2飛行だけでも及第点の強さだが、2マナで唱えられる可能性があり
『2つ目の呪文を~』系のカードとも相性抜群。

カード名コメント
占い鴉
占い鴉占い鴉
予顕つきの3/3飛行クリーチャー。
早ければ3ターン目に出ることができ飛行クロックとして優秀。
氷山の徘徊者
氷山の徘徊者氷山の徘徊者
氷雪クリーチャーであり巨人シナジーも強いカード。
押し込みに防御にと非常に優秀。
煙霧歩き
煙霧歩き煙霧歩き
多相付きの1/4飛行クリーチャー。
ほとんどの飛行クリーチャーを止めることができ、パンプ能力を起動することで攻め手にも転じられる。

カード名コメント
大蛇の餌
大蛇の餌大蛇の餌
優秀な追放除去。
死の鐘音の狂戦士
死の鐘音の狂戦士死の鐘音の狂戦士
黒系アグロの基本クリーチャー。
パワーを3にすることを意識してデッキ構築をしたい。
悪魔の贈り物
悪魔の贈り物悪魔の贈り物
使いやすいコンバットトリック。
相手の除去をかわしつつ再度場に出てくる能力を使うことも可能。

カード名コメント
悪魔の稲妻
悪魔の稲妻悪魔の稲妻
予顕つきの4点火力。
緑の一部クリーチャーを除きほとんど落とせる優秀な火力。
拷問者の兜
拷問者の兜拷問者の兜
サイズアップに直接本体に与えるダメージ能力と、
ライフを積極的に攻めるアグロデッキのお供。
タスケーリの火歩き
タスケーリの火歩きタスケーリの火歩き
赤で貴重なアドバンテージを稼げるカード。
パワーも3あり殴りに行きやすいのも◎

カード名コメント
貪欲なリンドワーム
貪欲なリンドワーム貪欲なリンドワーム
6/6のスペックにライフゲイン付きと、
緑系デッキのフィニッシャーとして十分な強さ。
サルーフの群友
サルーフの群友サルーフの群友
環境を定義する1枚。予顕しても強いし普通に出しても強い。
1ドローしつつ3/3が場に残る非常に優秀なカード。
冬を彫る者
冬を彫る者冬を彫る者
軽めのマナ加速として優秀。
輝く霜との相性の良さは言わずもがな。

アーティファクト

カード名コメント
葬送の長艇
葬送の長艇葬送の長艇
搭乗1の機体。
3/3警戒というスペックは環境に合っている。
略奪者のカルフ
略奪者のカルフ略奪者のカルフ
搭乗3と少し乗りにくいが、3マナ4/4で土地が捲れることもあり優秀。
鴉の翼
鴉の翼鴉の翼
飛行と+1/0を付与する装備品。
装備コストが2と若干重いが、飛行が強い環境なので使いやすい。
一応おまけでクリーチャータイプが鳥になる。

各色の組み合わせ サンプルデッキ

白赤

序盤から攻め立てるアグロ系のデッキとして人気の色の組み合わせ。
低マナ域のクリーチャーを装備品や猛り狂い猛り狂い でバックアップして攻め切ることを目指す。

確固たる戦乙女確固たる戦乙女 戦場の猛禽戦場の猛禽 など回避能力を持ったクリーチャーで、継続的にダメージを与えることがキーになる。
これら回避持ちのクロックを拷問者の兜拷問者の兜 掟綴りの僧侶掟綴りの僧侶 で強化するのがポイント。
掟綴りの僧侶掟綴りの僧侶戦場の猛禽戦場の猛禽 などの小粒クリーチャーは、後半の戦角笛の一吹き戦角笛の一吹き 一斉攻撃の要員にできるため無駄になりにくい。

弱点は、小粒で線が細いため全体除去に弱いこと。
また、煙霧歩き煙霧歩き などタフネスの高い飛行生物が立ちふさがって、攻めが継続できないと厳しい。

猛り狂い猛り狂い 金への捕縛金への捕縛 が除去(コンバットトリック)として使いやすい。
場合によっては圧死圧死 でも。

白青

予顕がテーマの白青。
予顕はテンポが若干悪く、除去も癖があって序盤に弱い部分がある一方で、
見張るもの、ヴェイガ見張るもの、ヴェイガ ニコ、運命に抗うニコ、運命に抗う がうまく回ると、ハンドアドバンテージを失わない展開で圧倒できる。

基本的には地上を膠着させて空から攻撃する形をとる。
そのため神の間の守護獣神の間の守護獣 は警戒による攻防一体、さらに予顕も持っているため白青向きのカードといえる。
鉄の評決鉄の評決 は除去としては悪くなく、ドラフトの後半でも流れてくるカードなので複数枚取れると形にしやすい。

氷雪土地の中でも平地は取りやすい傾向にあるため、青の氷雪系カードが使いやすいのもポイント。ドラフトの後半で拾っておくとよい。

白黒

2つ目の呪文を唱えたとき』がテーマの白黒。
基本的にはアグロデッキとして序盤から攻撃していく形で構築していく。
2つ目の呪文を唱えたとき効果の強いクリーチャーはアンコモンのため、それらが取れた時に狙っていきたい。

1ターンに複数のカードをプレイする都合、軽めのカードを多く入れ、1~2マナ圏が厚いマナカーブを目指す。
誘発を狙って毎ターン2枚以上プレイしていくと手札が枯渇してしまうため、
村の儀式村の儀式 ドローガーの再生ドローガーの再生 などの息切れを防止できるカードで対応したい。
特に村の儀式村の儀式 は、+1/+1カウンターを乗せた後の掟綴りの僧侶掟綴りの僧侶 などを生贄に捧げれば無駄がない。

白緑

白緑は騙し屋の崩落騙し屋の崩落 スケムファーのための闘争スケムファーのための闘争 で強化しながら、相手を除去して道を開けていく形の攻撃的なデッキが魅力の組み合わせ。
緑系のデッキの中でも氷雪依存が低いため、氷雪を目指したがなりきれなかった場合の逃げ道としても構築しやすい。

戦場の猛禽戦場の猛禽確固たる戦乙女確固たる戦乙女 を強化しても良いし、練達のスカルド練達のスカルド 英雄譚を使いまわしていく動きも強い。
蛇皮のヴェール蛇皮のヴェール マンモス化マンモス化 をうまく使って攻めていきたい。

青黒

氷雪依存の強い色の組み合わせ。一応リアニメイトがテーマだが、狙って組めるほどではないのでおまけ程度。
基本は優秀な除去で凌いで戦慄の乗り手戦慄の乗り手 や青の飛行クリーチャーで戦う形。

純粋な青黒よりは2色土地を使って色を増やし、各色のパワーカードをタッチしたい。
死霊堤の司祭死霊堤の司祭 は能動的に墓地に落ちて沈下沈下 のコストに、タフネス4で序盤のブロッカーにもできて優秀。
除去できる範囲を広げるためにも、氷雪土地の割合は上げておきたい。

そのほかコーマの信者コーマの信者 はパワー3の絆魂持ちで、ブロッカーとしても地味に優秀。

青赤

青赤といえば巨人
氷結する火炎、エーガー氷結する火炎、エーガー をはじめ圧死圧死 など巨人シナジーのカードが非常に強力。
凍炎の秘儀術師凍炎の秘儀術師 で2枚目の圧死圧死 をサーチしたり、素のスペックが高いので戦闘もやりやすい。
唯一の懸念はコストが高いカードが多いことだが、予顕などで隙を埋めつつ赤の火力等で凌げるため色の組み合わせとしては人気が高い。

煙霧歩き煙霧歩き は多相を持っているため、軽い巨人として有用でありシナジーを生かしやすい。
氷雪土地は氷山の徘徊者氷山の徘徊者 くすねる鷹くすねる鷹 のためにあると嬉しいが、そこまで必須ではないのでピック時の優先順位は低めでよいのも青赤の良い点といえる。

青緑

多相と氷雪がテーマの色だが、明確な多相シナジーのあるカードはレアのリトヤラの熊々リトヤラの熊々 だけで、あとは多色化して多相を生かしていくことになる。
多色化と氷雪が2色土地輝く霜輝く霜 の関係で相性が良いので、ピックの方針として多色化を念頭に入れつつ氷雪関係の流れを見て氷雪ベースの多色デッキを狙っていきたい。

ヤスペラの歩哨ヤスペラの歩哨 マナ加速・色サポート・到達持ちと意外と役に立つ。
地平の探求者地平の探求者 もパワーが3あり、色マナサポートにもなるので悪くない。

氷雪の流れが悪いなどで氷雪無しの青緑を目指す場合はくすねる鷹くすねる鷹煙霧歩き煙霧歩き占い鴉占い鴉 などの飛行クリーチャーを+1/+1カウンターで強化して殴る形を目指したい。

黒緑

大きいクリーチャーを除去でサポートする形の従来の黒緑というよりは、エルフに軸を置いて序盤から殴っていき、呪文でサポートするのが今回の黒緑といえる。

エルフに寄せることでドローガーの再生ドローガーの再生 潮による復活潮による復活 を強く使える。

コーマの信者コーマの信者 などで墓地を肥やせることから、沈下沈下 など追加コストとして墓地のクリーチャーを追放するカードも使いやすい。緑の灰毛の先導灰毛の先導 がエルフなのもポイント。何度も再利用したいところだ。

黒赤

黒赤は積極的に攻撃を仕掛けていくアーキタイプ。
メインアタッカーは死の鐘音の狂戦士死の鐘音の狂戦士 をはじめとする狂戦士たちで、これらを様々な方法でパワーを上げて継続的に攻撃を行っていく。

拷問者の兜拷問者の兜 最も相性の良いコモンの装備品で、マナコストも装備コストも軽く非常に使いやすい。
その他猛り狂い猛り狂い悪魔の贈り物悪魔の贈り物 なども非常に相性が良い。

残忍なドローガー残忍なドローガー の威迫能力が強力なため、氷雪土地は取れるタイミングで取っておきたい。

赤緑

赤緑のアグロ系デッキは緑の低マナ域が攻撃に向いていないため構築が難しく、赤ベースにサルーフの群友サルーフの群友スケムファーのための闘争スケムファーのための闘争マンモス化マンモス化 だけタッチした形になる。

赤緑の一般的な形としてはマナ加速して貪欲なリンドワーム貪欲なリンドワーム を出すランプデッキを目指すことになる。
中でも氷刻み、スヴェラ氷刻み、スヴェラ が強力で多色化・マナ加速・フィニッシャーサーチを兼ね備えているので、ぜひピックして多色化したランプ戦略を狙っていきたい。