【リミテッド】イコリア:巨獣の棲処攻略




はじめに

変容・相棒・サイクリングに各種カウンター。 多種多様なシステムのあるこのイコリア環境でのリミテッドは 多数の戦略に富み自由度が高い反面、目指すべき目標がわかりにくく不慣れな人にとっては少し難しく感じるかもしれない。

ここでは各種システムの説明およびおススメの色の組み合わせや 変容の組み合わせについて紹介していく。この環境を楽むための一助になればと思う。ドラフトの点数表もあるので個別の評価がわからないカードはこちらを参照。

各種キーワードについて

変容

この環境を代表するシステムの一つ。 システムの詳細はここを参照してほしい。

変容は2枚以上のカードを1つにまとめる行為なので、 単純に除去をされるとアドバンテージを失いやすい。 変容を行う時に気を付けることは、相手の除去の色、場のクリーチャーの数、変容することで場に与える影響(土地を伸ばす・ダメージレースが優位になるなど)を考慮するとよい。 そして一言に変容と言ってもイコリア環境には多種多様の変容があるので、各種類の変容についてどんなデッキに向いているかなどを解説していく。

単体強化する変容

狐インコ狐インコ輝き石のイトグモ輝き石のイトグモ にみられる変容することで+1/+1カウンターが置かれる変容クリーチャー。
これらは単体の強化はされるが除去されるリスクも高まる諸刃の剣。
相手の除去が火力に依存している場合は重ねることでタフネスを相手の火力の圏外に引き上げることは有効。
それ以外にも相手の除去から守る術(一心同体一心同体安全維持安全維持 など)と併用するとリスクは下がる。
ただ基本的にはリスクの高い変容のため単体として出すことも考慮し、盤面を打破する時に重ねる等運用でカバーしていきたい。

全体強化する変容

主に猟匠ライガー猟匠ライガー威厳あるレオサウルス威厳あるレオサウルス の2種類の変容を指すが、変容することで他のクリーチャーを強化することができる変容クリーチャー。
他にクリーチャーが存在しないと意味がないため、必然的に横並び戦略を後押しする目的で採用される。
横並びデッキと言えば人間主体のデッキになりやすく何に対して変容していくかをピック段階から考えながら採用したい。
例えば駐屯地の猫は死亡した場合人間トークンが出るためどちらとのシナジーもありピックも容易なため
検討する価値はある。
これらの全体強化持ち変容クリーチャーは変容を重ねれば重ねるほど効果が増すため先にあげた単体強化持ちの変容クリーチャーとの併用も有効。

アドバンテージ源となる変容

変容することでアドバンテージを獲得できる変容クリーチャー。
1枚ドローしたり、1枚ディスカードさせたり、土地を持ってきたりと多種多様。
変容することでアドバンテージを獲得しているためたとえ除去されたとしても損失は少ない。
中でも強力なのは骨塚潜み骨塚潜み伝承のドラッキス伝承のドラッキス などの墓地からの回収系だ。
消耗戦の最終盤で骨塚潜み骨塚潜み →別の変容クリーチャーと連鎖することもあり非常に強力。
平和な心などのエンチャント除去では根本的な解決にならないことも多く変容クリーチャーの強さの神髄ともいえる。

重ねることで効果が増す変容

恵みのスターリックス恵みのスターリックス肉食島肉食島 に代表される重ねることで効果が増す変容生物。
各色に1枚ずつ存在するが、基本的にアンコモンであり単体としても優秀な事が多い。
特に肉食島肉食島 は素のサイズが7/7と非常に大きく、変容して出すことで疑似的な速攻として出すことができ相手の計算を大きく狂わせることができ強力。

おススメ変容クリーチャー


ヤマオウムヤマオウム +
靴かじり靴かじり 泥棒カワウソ泥棒カワウソ など
何と変容しても強いが、特に接死クリーチャーとの変容が強力。1点で相手のクリーチャーは接死により死んでしまうため、繰り返し使える除去として優秀。
他には泥棒カワウソと変容して、相手に能力で1点与えてのドロー能力も強力。

狐インコ狐インコ +
本質共生体本質共生体 たてがみサーバルたてがみサーバル など
3マナという軽い変容コストで変容でき、+1/+1カウンターも乗る。
基本的に靴かじりや、本質共生体などの2マナ域との相性が良く、中でもたてがみサーバルは2マナでテンポもよく警戒もつくため悪くない。

伝承のドラッキス伝承のドラッキス
伝承のドラッキスはクリーチャーの強化にはほぼ使えないが、墓地からインスタント・ソーサリーを回収できる強力な効果がある。
1枚回収しただけでも十分強いが、重ねて変容することで何枚も回収する可能性がある。
そのため平和な心平和な心 などのエンチャント除去で対処されたクリーチャーに変容したり、相手が除去したくないクリーチャーに変容するのが◎

洞窟で囁くもの洞窟で囁くもの +
靴かじり靴かじり など
変容することで相手に1ディスカード要求できるクリーチャー。
アドバンテージの観点で損しにくく、威迫を持っており本体のサイズも4/4のため
お手軽に強いクリーチャーができやすい。
警戒・接死・絆魂どのクリーチャーをベースにしても◎

肉食島肉食島 +
微光クラゲ微光クラゲ 万能のブラッシュワグ万能のブラッシュワグ など
ひときわ大きなサイズの変容クリーチャー。
7/7が速攻気味に攻撃してくるため相手としては対処が難しく、
重ねて変容することで効果が倍増するため定着してしまえば勝利は近い。
飛行やトランプル等の回避能力持ちと変容すると活かしやすい。

変容元におススメのクリーチャー


たてがみサーバルたてがみサーバル
2マナで警戒と変容しやすく、元のタフネスも高いため壁として採用しやすい

微光クラゲ微光クラゲ
1青でアンタップする能力が疑似警戒としても強いが、ヤマオウムヤマオウム領獣領獣 などのタップを含む能力持ちと相性が良い。

泥棒カワウソ泥棒カワウソ
ダメージを与えるとドローできる能力が非常に強力で、本体を強化することでダメージが通りやすくなり強力。

靴かじり靴かじり
接死か絆魂かを選べ、将来的な変容を見据えて能力が選択できることが強力。

万能のブラッシュワグ万能のブラッシュワグ
ベースにトランプルを持っており、肉食島肉食島 などの大型クリーチャーとの相性は抜群

本質共生体本質共生体
変容元になってもいいし、他のクリーチャーが変容しても能力が誘発するやり手。

ファーティリドファーティリド
+1/+1カウンターを載せる能力の変容持ちと組み合わせることで脅威のデッキ圧縮が可能。

サイクリング

昔からあるこのメカニズムだが、今回は多くの1マナサイクリングカードが用意されている。 通常サイクリングと言えば2マナのカードが多いが1マナサイクリングカードがあることで 色のあっていないカードですら採用されることがある。

この環境でのサイクリングの利用方法は基本的に以下となる。

  1. サイクリング軸のデッキを構築する。
  2. リアニメイトに利用する。
  3. デッキの潤滑油として利用する。

サイクリング軸

サイクリング軸のデッキとは例えば以下のようなデッキを指す。

サンプルデッキ

土地を11枚~14枚まで削り、多数のサイクリングカードといくつかの勝ち筋サヴァイの雷たてがみサヴァイの雷たてがみ 天頂の閃光天頂の閃光 など)で デッキを構築する。 土地の枚数を削ったとしてもサイクリングを重ねると手札に土地がだぶつくため安堵の再会安堵の再会 交感の力交感の力 などで ルーティングできるようになっていると良い。火の予言火の予言 除去とルーティングを兼ねているため是非採用したい。 サイクリングカードの優先順位だが、色のあっている1マナサイクリング>色のあっていない1マナサイクリング>色のあっている2マナサイクリングの順でピックしたい。基本的に色のあっていない2マナサイクリングはできればデッキに入れたくない。

ちなみに上記のようなサイクリングに全振りせず、白赤アグロのサブシナジーとして罠の戦術家罠の戦術家 などと併せて使っても非常に強力。

土地の枚数の目安だが、BO1の場合土地が12枚以上あれば補正により初手に2~3枚の土地が来やすくなる。11枚になると1~2枚の土地が来やすくなるため、よほど1マナサイクリングが取れていない場合を除いては12枚以上で構築するのが目安となる。体感として1マナサイクリングが10枚以下の場合は14~15枚、10枚以上で15枚未満ぐらいで13枚、それ以上で12枚ぐらいの感覚で構築している。あくまで目安だが、結局入れた土地をどのように処理するかを考えながら構築すると良い。(安堵の再会安堵の再会 などがあれば多少多くても大丈夫)

リアニメイト軸


タイタノス・レックスタイタノス・レックス

再来再来

この環境には大いなるサンドワーム大いなるサンドワーム や、タイタノス・レックスタイタノス・レックス などサイクリング付きの大型クリーチャーが何種類か存在する。それらをサイクリングで墓地に落とし、再来再来不断の絆不断の絆 などでリアニメイトすることで早いターンでこれらを戦場に出すことができる。

これらは黒緑ベースのデッキの軸としてよく利用され、特に再来再来 はインスタントということもあり非常に強力だ。

デッキの潤滑油として利用

使いたいカードが20枚ぐらいしかない時などは、色があっていない1マナサイクリング呪文を入れるのも手だ。

1マナなのでそんなに気にならずにデッキを圧縮できるため悪くない。一番良いのが色があっていて1マナだが、時には色のあっていないサイクリング呪文を入れることもある事は覚えておいて損はない。 枚数にもよるが、サイクリング付きのカードが多数入るときは土地の枚数を14~15まで削ったほうが良い事も多い

相棒


呪文追い、ルーツリー呪文追い、ルーツリー

湧き出る源、ジェガンサ湧き出る源、ジェガンサ

今作はレアに相棒と呼ばれるクリーチャーが何種類か存在する。 それらはメインボードが特定の条件を満たせば利用可能だが、 リミテッドの場合は条件の達成がなかなか難しい。呪文追い、ルーツリー呪文追い、ルーツリー湧き出る源、ジェガンサ湧き出る源、ジェガンサ は比較的条件を満たしやすく 、少し無理してでも条件を達成したほうが良いが、 その他は無理に相棒にせずともデッキに入れて使うだけでも十分強力だ。

早い段階で相棒をピックして、それに沿って残りのデッキをピックした結果弱いデッキになってしまうことも多々あるので十分気を付けてほしい。

人間

人間はキーワードというわけではないが、今作の変容というシステムが人間以外を対象としているため、人間というだけで若干ハンデを背負っている。 反面人間は通常のセットより若干強めにデザインされているのでうまく使いこなせば 強力なデッキになりうる。

横並び軸


囁く兵団囁く兵団

聖域封鎖聖域封鎖

基本的な戦略の一つ。白黒囁く兵団囁く兵団 から全体強化などの動きが基本で、 日勤隊の指揮官日勤隊の指揮官 などの頭数を増やせるカード聖域封鎖聖域封鎖 などの全体強化をピックしていく。 聖域封鎖などは人間に寄せる理由にもなる上に疑似的な除去も兼ねておりこのアーキタイプでは非常に強力。

サイクリング軸


ドラニスの刺突者ドラニスの刺突者

繁栄の狐繁栄の狐

上で一部説明されているが、ドラニスの癒し手ドラニスの癒し手 ドラニスの刺突者ドラニスの刺突者 人間であり1マナサイクリングが付いている非常に使いやすいクリーチャーで、これらを軸に人間シナジーサイクリングシナジー両面からアグロプランを狙っていく。

人間以外との共存

白には人間以外にも狐インコ狐インコ などの強力な変容クリーチャーが存在する。 ただし白の2マナ域はたてがみサーバルたてがみサーバル サヴァイの剣歯虎サヴァイの剣歯虎 などがいるものの、基本的には人間が多くテンポ良く変容しづらい。 そのため白以外の色(黒や緑)と組ませて、人間シナジーはタッパー横並びのサポートとして使うなど工夫が必要になる。

おすすめする色の組み合わせ

白赤


サヴァイの雷たてがみサヴァイの雷たてがみ

天頂の閃光天頂の閃光

白赤は人気の色の組み合わせで、ドラニスの刺突者ドラニスの刺突者 繁栄の狐繁栄の狐 といったサイクリングと相性の良いクリーチャー序盤から攻めるアーキタイプ。

黒緑(多色)

サンプルデッキ

マナ加速から多種多様なパワーカードをたたきつけるアーキタイプ。

再来再来 がピック出来たら、リアニを意識して大型サイクリングクリーチャーを取っておくと良い。 終盤の強みが売りだが、序盤が弱くなりがちなので死の重み死の重み などで意識していきたい。

白緑(警戒)


苔毛のゴリアク苔毛のゴリアク

堅実な立ち位置堅実な立ち位置

警戒持ちのたてがみサーバルたてがみサーバル 苔毛のゴリアク苔毛のゴリアク などを変容や堅実な立ち位置堅実な立ち位置 で強化していくアーキタイプ。

他のデッキで使いにくいためドラフトではよほどのことが無い限りピックすることが可能。 弱点は接死およびシステムクリーチャーで、他の色をタッチするなどして除去をサポートしたい。

白黒(人間)

正当な横並び戦略。上述しているが、囁く兵団囁く兵団 日勤隊の指揮官日勤隊の指揮官 などの人間を展開し、 最終的に揃った突撃揃った突撃 で攻め込むことを目指す。

青赤変容


泥棒カワウソ泥棒カワウソ

ヤマオウムヤマオウム

微光クラゲ微光クラゲ 泥棒カワウソ泥棒カワウソ を変容で強化し、バウンスや火力でアドバンテージを広げていくアーキタイプ。

確定除去を採用しにくいため、バウンスなどでテンポを取り 各種ドローでアドバンテージを稼いで圧倒していく。心を一つに心を一つに 条件さえ満たせば1マナ2ドローとなるため切子読み切子読み などの 人間を無理ない範囲で採用したい。

赤黒威迫(サクリファイス)

一時的な連帯一時的な連帯 と各種生贄に捧げるカード(怪物の兵器化怪物の兵器化野生肉の密猟者野生肉の密猟者 )のコンボによるバックアップを受けた赤黒の威迫を中心としたビートダウン。

一時的な連帯一時的な連帯 が非常に取りやすい事もあり、狙いやすいアーキタイプの一つ。黒緑リアニのような大型クリーチャーを軸としたデッキに対してはかなり相性が良い。弱点としてはクリーチャーに依存しないサイクリングデッキや横並びデッキに対して相性は少し悪い。

勝率を上げるために

勝ちたいやつは除去を取れ!

この環境ではとにかく除去が重要となる。理由は変容というメカニズムとサイクリングデッキが使うドラニスの刺突者ドラニスの刺突者 などの軽量クリーチャーの存在だ。

変容クリーチャーに関しては特に言わなくてもわかると思うが、重なったクリーチャーの能力を持つため局面に影響を与える重要なクリーチャーになりやすい。除去できなければそれだけで負けてしまうことも多々ある。

そしてサイクリングデッキの存在だ。サイクリングデッキはサイクリングを重ねて天頂の閃光天頂の閃光 で勝ちに行くのが勝ち筋だが、罠の戦術家罠の戦術家雄々しい救出者雄々しい救出者 などの時間を稼ぎつつダメージを与えてくるクリーチャーが実は重要となっている。そのためこれらのクリーチャーを除去できるかどうかが対サイクリングデッキへの勝率向上につながってくる。

除去と言ってもいくつか種類があり、血液凝固血液凝固 などの確定除去、平和な心平和な心 などのエンチャント除去、火の預言火の預言 などのダメージ除去だ。 この環境ではタッパーやヤマオウムヤマオウム などの強力なシステムクリーチャーが存在するため平和な心などのエンチャント除去は若干落ちる。勿論強力ではあるが、骨塚潜み骨塚潜み などを重ねられて負けることもあるので過信は禁物だ。

そのため除去の優先順位としては、確定除去 > ダメージ系除去 > エンチャント除去 となる。※死の重み死の重み はダメージ系除去に分類される。

サイクリングのサインを感じ取れ!

この環境での最強のアーキタイプは現時点ではサイクリングといえる。そのためできることであればサイクリングデッキをピックしたいが、強力なアーキタイプではあるものの他のプレイヤーと被る可能性もあり判断が難しい。

サイクリングデッキをできるかどうかのサインはドラフトの3~5ピック目以降にサイクリングのキーカードとなる天頂の閃光天頂の閃光雄々しい救出者雄々しい救出者 が回ってくることや、自分の流した1パック目にあった1マナサイクリングが何枚返ってくるかなどで判断したい。

もし卓に他のサイクリングプレイヤーが存在しそうな時は方針を早めに転換し、殴れるボロスデッキを目指したり、空いている色への変更を検討することも重要となる。

コモンのシナジーを知ろう!

この環境にはコモンだけで形成されるシナジーが多数ある。代表的なものとしては野生肉の密猟者野生肉の密猟者頑丈なダンゴムシ頑丈なダンゴムシ のアドバンテージコンボや、心を一つに心を一つに禁じられた友情禁じられた友情 などがそれにあたる。

勿論それ以外にも多数のシナジーを形成するカードがあり、それらの組み合わせを覚えておくと優位にピックを進めていけるはずだ。

出たら取りたいS級レア


光明の繁殖蛾光明の繁殖蛾
通称モスラ。基本的にこいつを除去しないとお話にならないぐらい強力。

サメ台風サメ台風
サイクリングしても良いが、
一度設置してしまえば数多のサメがあっという間に盤面を占拠する。

哀歌コウモリ哀歌コウモリ
通称バトラ。変容コストは重いが、なぜか瞬足が付いておりエンドに召喚して
軽い変容で効果を誘発するなどしても十分強い。

死の頂点、ネスロイ死の頂点、ネスロイ
リアニ業界の最高峰。変容するたびに誘発するため回り始めると手が付けられない。

猟の頂点、スナップダックス猟の頂点、スナップダックス
効果が凄い。変容で4点ドレインだけでも十分凄いがなぜか二段攻撃が付いている。