【リミテッド】基本セット2021攻略

概要


毎年恒例の基本セットだが、今回の基本セット2021環境はこれまでと少し毛色が異なる。
これまでの基本セットのリミテッドは除去・レア・飛行の中速環境が主流だったが、今回は比較的序盤から積極的に攻めていくタイプのアグロデッキが多く、今までの感覚でカードをピックしていくと間に合わないといった事も多い。

以下各色の特徴各色の組み合わせ・サンプルデッキを用意したので、参考にしてもらいたい。

各色についての解説

白のコモン トップ3
バスリの侍祭
抵抗の妙技
素早い反応
バスリの侍祭抵抗の妙技素早い反応

人気の色の1つ。クリーチャーの質も良く除去も使いやすい。

特にバスリの侍祭は本体も2/3絆魂と及第点で且つ効果も強く、白人気の一助となっている。夜明けの突撃獣強風の急襲者など攻めを継続させやすくする、アグロデッキの強さを支えるカードが多い。
堅牢な盾仲間堅牢な盾仲間 ですらプレイアブルで、出たときついでに先述のバスリの侍祭や夜明けの突撃獣で強化するなど相性が良く、使えないカードが少ない。

青のコモン トップ3
うろつく光霊
北風の歌姫
捕獲球
うろつく光霊北風の歌姫捕獲球

今回優遇されていると思われるぐらい強い青。

うろつく光霊は飛行の3/2にバウンスが何故かついていて、北風の歌姫も何故か果敢が付いている。アンコモンになるが、テフェリーの後見は本体になぜかルーティングもついている上にそれだけで勝ってしまうぐらいにカードが強い。
多方面に強いカードが多い低マナのクリーチャーは力不足なので、そこを他の色に補いたい。

黒のコモン トップ3
闇の掌握
死花のサリッド
異臭のインプ
闇の掌握死花のサリッド異臭のインプ

とどめの一撃という確定除去がありいつもなら強い色だが、今回は環境の速度が速いため思ったより活躍しづらい。

闇の掌握という軽い除去もあるが、ダブルシンボルがネックで思ったより使いづらく、単体で強いカードが少ない。
ただし墓所に潜むもの異臭のインプなど場持ちの良いクリーチャーは多いため、黒濃いめのコントロールデッキは強力なデッキになりやすい。

赤のコモン トップ3
ショック
焦熱の竜火
チャンドラのマグムット
ショック焦熱の竜火チャンドラのマグムット

兎に角火力が優秀な今回の赤。コモンにショック焦熱の竜火の2種類があり、低マナ圏のクリーチャーも優秀。

ゴブリンの魔術をはじめスペルシナジーも多く、色々なデッキとの相性が良い。
高コストの呪文は少し使いづらいものも多いが、それらを差し引いても優秀なカードが多い。

緑のコモン トップ3
狩人の刃
ラノワールの幻想家
誇り猫
狩人の刃ラノワールの幻想家誇り猫

クリーチャーの質は優秀だが、今回の緑は若干殴るのに向かないクリーチャーのラインナップになっている。

2マナ圏のうたた寝するティラノドン罠紡ぎは殴るのに向かず、最近4マナに多かった4/4クリーチャーの代わりに登場した剣歯虎のやっかいもの攻めていないと強くないカードでちぐはぐになりやすい。
もちろんうたた寝するティラノドンを誇り猫で強化して攻撃するなど、攻められるパターンもあるがうまくいかないことが多いため、デッキ構築に工夫が必要な色となっている。

各アーキタイプのサンプル及びポイントについて

白青

王道の地上を止めて飛行で殴る色の組み合わせ。
今回もその戦法は有力で、うろつく光霊は飛行クロックを用意しつつ、相手のクリーチャーをバウンスしてテンポを取れるため大変優秀。


地上クリーチャーはルーンの壁賽銭ガニなどのタフネスの高いクリーチャー天界の処罰者などのシステムクリーチャーを採用したい。
全体のクロックは細いが、護法の要塞は地上をある程度守りつつクロックを増やせるため白青に合っている。


ピック・構築時には、どうしてもスペルが弱い色のため素早い反応などの除去呪文を積極的に取っていきたい。場合によっては軍団の裁き現場保存なども選択肢に入ってくる。

白赤

最強の一角と言われる白赤。正直軽めに組めばどんな構築をしても大体強い。
基本的には序盤からクリーチャーを展開していき、夜明けの突撃獣戦装飾のシャーマンバスリの侍祭で強化して攻撃することで序盤から大きなクロックで攻め込む。


ピック・構築時には、攻めを継続させやすくするために確実な一撃ショックなどの軽量火力の枚数がある程度欲しい。

噛み傷への興奮はデメリットがあるが、警戒持ちの高山の番犬につけることでそれを軽減できるほか、膠着状態を打破することもできるので一考の余地はある。

白黒

3点以上のライフゲインで能力が誘発するカードが多く用意されているため、いかに恒常的に3点ゲインをできるようにするかが鍵となる。
選定された聖歌員は単体でパンプすることで達成でき、血の暴食も同様の理由でこの手のデッキでは採用される。


ただし白黒のキーカードにアンコモンが多いため、積極的に狙うよりは白単気味もしくは黒単気味にピックし、流れが良い時に切り込む形でのピックがおすすめ。キーカードのアンコモンは白黒専用カードが多く、流れさえよければ比較的後半でもピック出来る可能性はある。

白黒自体そこまで早いアーキタイプではないため、序盤の除去は比較的優先度を上げてピックしたい。

白緑

+1/+1カウンターを軸とした色の組み合わせ。
野生林の災い魔議事会の導師鍛え抜かれた古参兵を中心に+1/+1カウンターをうまく利用し、戦闘を優位に進めていく。

緑のクリーチャーに2マナ域が殴りづらい構成のため、意識的に白の2マナ域を取るようにしたい。
狩人の刃は強化と除去を両立させるため是非複数枚ほしい。
気を付けてピックをしていかないと、意外と+1/+1カウンターが載らない構成になりやすいので注意。

意識としては守りよりも攻めを意識し、バスリの侍祭バスリの結束で全体強化して攻撃しつつ、要所要所を抵抗の妙技で守るといった形を取りたい。

青黒

今回の青黒のテーマはリアニメイト。墓地からクリーチャーを釣るギミックがコモンに用意されている。
ただ基本となる動きは従来通り除去からのコントロール
異臭のインプ死花のサリッド墓所に潜むもので場を固めつつ、闇の掌握とどめの一撃で危険を排除していく。


ピック・構築時に気を付けることは、とにかく序盤の除去と守りを重視すること。闇の掌握は基本的に何枚あっても良い。序盤から闇の掌握を打ちやすくするため、沼の数を多めにする。その関係で、序盤のクリーチャーは黒が良い。

リアニ呪文である再命も枚数はそんなに必要なく、基本は偏執的な縫い師でデッキを回していくイメージ。
リアニの対象としては有刺メガロドンが呪禁もあり優秀。アンコモンにはなるが、波起こしも序盤から墓地に行くことが可能で効果も強く優秀。半面、憂鬱蒔きダブルブロックで死にやすく、フィニッシャーとしては多少不安が残る。

青赤

青赤は白赤に次いで人気の組み合わせで、果敢スペルライブラリーアウトと色々な軸のデッキが存在する。
基本的には2種類の3マナ域北風の歌姫呪文喰いの奇魔をメインに、呪文多めの構築となる。


ピックの優先順位としてはショック焦熱の竜火などの低コストの除去呪文を中心に上記のクリーチャーを抑え、うろつく光霊などで固めていくことになる。
中でもゴブリンの魔術は果敢などの能力を誘発させ、尚且つクリーチャーがインスタントタイミングで展開できるため青赤のデッキと相性が良い。
謎変化をアタッカーとして考える場合は、キャントリップ呪文(選択突破を少し多めに取り、通常よりクリーチャーの数を減らす形となる。

ライブラリーアウトは、テフェリーの後見に依存するが非常に強力なアーキタイプで、大慌ての棚卸しと除去呪文さえ取っていればクリーチャーがいなくても勝利することが可能だ。

ヴォーデイリアの秘儀術師は、ドミナリアの時代は強かったイメージがあるが、今回は重い呪文が少ない(キッカー呪文もない)ため前ほどの活躍は見込めず、悩んだら赤の2マナ域を優先してよい。

青緑

カードを引くたび誘発する効果が中心の青緑。
色の組み合わせ的にすぐ勝ちに行くタイプのデッキではないため、序盤の守りが重要となる。
ただし除去も4マナ以降が中心となるため、基本的にはクリーチャーで序盤を凌ぐ必要がある。


うたた寝するティラノドン罠紡ぎは低コストで受けが強く、青緑向けのカードといえる。
突き止めは、大体の場合において1ドローが誘発するためドローシナジーのあるカードとの相性も良く、解決策を探しに行くときにも役に立つので1-2枚あっても腐りにくい。

序盤耐えたのち、有刺メガロドン巨大な戦慄大口森の守部などで勝ちに行く。
これらの巨大なクリーチャーに高揚する書物などで飛行をつけるのが青緑の勝ち筋と一つとなりうる。

黒赤

従来黒赤は相手のクリーチャーのコントロールを奪い生贄に捧げる(いわゆる『パクってサクる』)戦略が一般的だったが、今回の黒赤は少し違う。もちろん従来通りの戦略もあるが、相手のコントロールを奪う裏切りの強欲アンコモンになり狙いにくくなったためだ。


今回黒赤でキーとなるカードは2種類、引きずり鬼錬金術師の贈り物だ。
これらのカードを如何にうまく使うかで勝率が変わってくると考えている。

引きずり鬼は単体だとあまり強くないが、生贄のコストが1であり黒赤は死亡時に誘発するカードが多いため使いやすい。デフォルトでトランプルが付いているため、大きくなると手が付けられないことも多々ある。
錬金術師の贈り物ゴブリンの付け火屋骸骨射手騒乱の道化接死をつけて相手のクリーチャーを対処したり、引きずり鬼に接死をつけて最後の一押しにしたりと、用途は様々だが今回の黒赤を支えているカードといえる。

ショック焦熱の竜火などの汎用火力の点数が高いのは言わずもがなだが、上記を中心としてライフを攻める構成で構築すると勝ちやすくなる。

黒緑

人気の3色(白青赤)が1色も入っていない黒緑はかなり構築に癖のある組み合わせで、ふんわり除去とデカブツをピックすると音もなく負けることが多い。


黒緑に割り当てられたキーワードは、自ターンにクリーチャーが死亡していた場合に誘発するという効果。一度攻め始めると戦闘でクリーチャーがぶつかりあって墓地に落ちて誘発~という流れになるが、逆に攻められていると剣歯虎のやっかいものが最後まで3/3であることも珍しくない。
そのため構築時に気を付けることは如何に自ターンにクリーチャーを墓地に送るかである。

普段使われることの少ないリリアナの使用人梢の忍び寄りも、自ターンで墓地に落ちやすいため黒緑の場合は採用を検討する。
闇の掌握狩人の刃などの除去をうまく使い、剣歯虎のやっかいもの双刃の暗殺者でアドバンテージを稼ぐのが、代表的な黒緑の勝ちパターンとなる。

不人気カラー故にカード自体は多く回ってくるので、序盤の除去・墓地へカードを送る手段を念頭にピックすれば比較的強い黒緑ができる。

赤緑

赤緑はいくつかデッキ構築のパターンはあるが、序盤から攻撃していく形よりは序盤は除去やうたた寝するティラノドンで凌ぎ、マナ加速から巨大な戦慄大口森の守部などにつなぐ形のほうがやりやすい。


別項目でも述べているが緑が序盤から殴るには適さないクリーチャーが多いため、マナ加速からのデカブツ勝負を目指したい。
その際2種類のドローサポート猛然たる顕現ガラクの蜂起が非常に強力なので、パワー4以上のクリーチャーをバランスよくピックしていきたい。

アグロで構築するのであれば序盤は赤のクリーチャーを中心に用意し、緑は剛力化狩人の刃誇り猫などでサポートする形が良い。
序盤から攻められる構成に出来ていると剣歯虎のやっかいものも4/4以上で活躍しやすい。

番外編・祭殿多色

石の牙の聖域
万物の聖域
静かな水の聖域
石の牙の聖域万物の聖域静かな水の聖域
廃れた高地の聖域
豊かな実りの聖域
穏やかな光の聖域
廃れた高地の聖域豊かな実りの聖域穏やかな光の聖域

今回『~の聖域』といった名前の伝説のエンチャントが計6種類存在する。これらは場に出ている数が多いほど恩恵が大きくなるため複数集めたいが、各色バラバラで万物の聖域に至っては5色と、普通にやっていては出すことすら難しい。
ただ6枚揃った祭殿は非常に強力かつ面白いデッキとなるため機会があれば挑戦してほしい。


基本的には人気薄の祭殿は早めにピックされにくいので、人気の祭殿から揃えていくことになる。緑ベースで取れる限りの2色土地を取っていき、持っていない祭殿が流れてきたらピックしていく。聖域の優先順位は大体以下のとおり。

黒>青>赤>緑>白

石の牙の聖域は5色の祭殿の中でも一番使いやすく、これだけで勝つことも可能な1枚。廃れた高地の聖域も強力だが、祭殿1枚だと少し弱い。

どうしても遅いデッキとなるため、序盤の除去や壁は意識してピックしていきたい。
反面、フィニッシャーは石の牙の聖域で十分なため、よほど強力なカード以外は優先順位を抑えていく。

色サポートは緑のマナ加速と2色土地以外にプリズマイトも悪くない。万物の聖域ですら7マナ払えば大体出せる。
神話レアとレアのコンボとなるが、彩色の宇宙儀からの万物の聖域の流れは宇宙が見えるのでおススメ。

初手で取っても良いアンコモン

カード名 コメント
歴戦の神聖刃
歴戦の神聖刃
最強の2マナ域。このカードのせいで白系アグロが強いとさえ言われる。ブロッカーとしても優秀。
バスリの結束
バスリの結束
横並びしてからのバスリの結束は簡単にゲームに勝つ。
議事会の導師と一緒に使いたい。
テフェリーの後見
テフェリーの後見
ある意味最強のエンチャント。
通常のライフを20点削る軸とは違うゲームが行われる。
大抵ライブラリーを20枚削れれば勝ちのため、ドローを重ねているだけで勝手に勝つ。
議事会の導師
議事会の導師
初手で取れればまっすぐ白緑を目指しやすい。
おまけのライフゲインも意外と強力。
耽溺する貴族階級
耽溺する貴族階級
白黒のキーカード。パワーを上げるなどして、毎ターンの3点ゲインを目指したい。

M21ドラフトでの勝率を上げるために

現在流行っているアーキタイプとしては、ダントツで白赤アグロ、次点で青赤系が挙げられる。
そのため仮想敵として上記のアグロデッキを想定してピックを進めることが重要となる。具体的には序盤の除去を多めに取る・タフネス4のクリーチャーを意識するなどだ。

序盤の除去の重要性については言わずもがなだが、白赤・青赤の主要化力がショック焦熱の竜火のため、タフネス4のクリーチャーは1枚で除去されにくくブロッカーとして優秀といえる。
墓所に潜むものルーンの壁は受けデッキのブロッカーとしては採用に値する。

アグロデッキの同型で後手の場合などは、積極的に相打ちを取っていくことで相手のバスリの侍祭の強化先を減らせることは頭に入れておきたい。